シワやたるみとコラーゲン

シワやたるみは紫外線の影響による光老化によって起こることがあります。

どういうことかと言うと、
お肌のコラーゲンが紫外線の作用で破壊される光老化のために、シワやたるみが増加することになります。

シワやたるみ対策には、肌の弾力をアップするコラーゲンを食事やサプリメントで積極的に摂取することが有効だとされています。

それには、紫外線や加齢によるお肌のトラブルを回避するために、コラーゲンがお肌にどう有用なのかを知っておくといいでしよう。

コラーゲンは、人間の体の中の様々な部分にあり、お肌の瑞々しさやハリをたかめる作用があります。
しかし、老化などの原因によりコラーゲンは徐々に減少してしまう特性があります

肌の若々しさを保つ役目をしているコラーゲンが減ってくると、肌の弾力が無くなって、たるみなどを引き起こす原因になります。

お肌のシワやたるみが多いのは、それだけお肌自体がたるんでいる証拠です。
コラーゲンを補って、たるみやしわのないピンと張ったお肌になりましょう。

肌のコラーゲン量をへらさない工夫をすることで、シワやたるみを効率的解消していくことができます。

そして、知っておくべきことが、
コラケナーゼという成分は、コラーゲンを壊す性質があるということ。

コラケナーゼは紫外線の影響で分泌されるため、紫外線から肌を守る工夫が必要になります。

直射日光が熱い夏は積極的に日焼け止めクリームを使うものの、秋冬に入ると太陽光がちょっと弱そうな日は紫外線対策クリームを使わないという人がいるようですが、夏ほど強くはなくても、紫外線は浴びているので、シワやたるみにならないように、日焼け止めクリーム等の肌ケアをしっかりすることを習慣にするべきでしょう。